top of page
検索
  • 執筆者の写真光一 橋本

【車種別】キッチンカー製作にかかる費用目安|主な製作方法や失敗しないためのポイントを徹底解説!

更新日:2023年7月27日



キッチンカーで開業する場合、多くの方が「自分が理想とするキッチンカーを製作したい」と考えるものです。しかし、実際に製作するとなると費用や方法について悩むケースも少なくありません。


そこで、本記事ではキッチンカー製作にかかる費用目や主な製作方法、失敗しないためのポイントを詳しく解説します。




キッチンカー製作にかかる費用目安


キッチンカー製作にかかる費用目安は車種によって大きく異なります。

キッチンカー製作にかかる費用目安

ここでは、車種ごとの内容について詳しく解説します。


軽ワンボックスの場合


軽ワンボックスは小型の車両なので、一般的に「10〜20万円程度」の費用が必要です。ただし、このタイプのキッチンカーは車体がコンパクトなため、料理スペースや設備に制約がある点には注意が必要です。


軽ワンボックスは、一般的に小規模な移動販売やイベント出店向けに選ばれます。低予算でキッチンカーを始めたい方には適していますが、限られたスペースを有効活用するような工夫が求められます。


軽トラックの場合


軽トラックをベースにしたキッチンカーは「約20〜40万円」の製作費用が見込まれます。軽トラックは軽ワンボックスよりもスペースが広く、料理機器や調理スペースの充実化が可能です。


そのため、メニューや提供する料理が豊富な移動販売を行いたい方におすすめです。また、軽トラックは乗り降りが容易で、燃費も比較的良好なので、移動販売の利便性を重視する方に適しています。


普通自動車・ワンボックスの場合


普通自動車やワンボックスを利用するキッチンカーの製作費用は「約30〜60万円」です。


これらの車両は軽自動車よりも広いスペースがあり、料理機器や食材の収納スペースを確保しやすくなります。


そのため、飲食メニューのバリエーションが豊富なフードトラックを展開したい場合や、屋内で調理作業を行いたい場合におすすめです。


ただし、普通自動車やワンボックスは軽自動車に比べて燃費がやや悪い点には注意しなければなりません。


トラックの場合


トラックをベースにしたキッチンカーの製作費用は「約50〜100万」です。


広々としたスペースを有効活用できることから、高機能で多様なメニューを提供することが可能です。


そのため、フードトラックイベントや大規模なイベント出店を考えている方に適しています。


しかし、大型車両のため、運転や駐車に慣れている必要があります。また、燃費や車両保険などのランニングコストも念頭に置く必要があります。


トレーラーの場合


トレーラータイプのキッチンカーの製作費用は「約80〜150万円」が見込まれます。


トレーラーは車体とキッチン部分が分離しているため、キッチンスペースを広く取ることができ、自由なレイアウトが可能です。


そのため「多機能なキッチンカーを運営したい」や「長期的な移動販売を考えている」といった方に適しています。


ただし、牽引車両との連結や安全面への配慮が必要で、運転技術と牽引免許が必要です。


キッチンカー製作の主な方法は3つ


キッチンカー製作の主な方法として次の3つが挙げられます。

キッチンカー製作の主な方法は3つ

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自身の目的にあった方法を選ぶことが大切です。


1.オーダーメイド


キッチンカーを製作する方法として、まずオーダーメイドが挙げられます。これは、自分の希望やニーズに合わせ、完全にカスタマイズしたキッチンカーを製作する方法です。


オーダーメイドの利点は、自分のビジネススタイルやメニューに最適な設備や装備を取り入れることができる点です。


例えば、特定の調理器具を多く搭載したり、顧客に見えやすいデザインにしたりすることで、ブランドイメージを強化できます。


ただし、オーダーメイドは製作に時間とコストがかかることがあり、事前に専門のキッチンカービルダーやメーカーに相談する必要があります。


2.中古キッチンカーの改装


中古のキッチンカーを購入して改装する方法もあります。


中古車を利用するため既にキッチンカーとしての基本設備が整っており、製作時間とコストを節約できます。


さらに、改装の際は内装や機器のアップグレード、外観のブランディングなどを行い、自分のスタイルに合わせた仕上がりを目指せます。


中古キッチンカーの改装は手軽にキッチンカーを始めたい方におすすめです。


3.自己所有する車両の改装


既に自己所有する車両をキッチンカーに改装する方法もあります。


自己所有の車両を活用することで、新たに車両を購入するコストを抑えることが可能です。


ただし、自己所有の車両をキッチンカーに改装する場合は、車両の適性や改装の技術、法律・規制などを考慮する必要があります。


そのため、専門の業者や技術者に相談しながら、安全性と衛生面を確保した改装を行いましょう。


キッチンカーをオーダーメイドで製作する2つのメリット


キッチンカーをオーダーメイドで製作するメリットとして、次の2つが挙げられます。

キッチンカーをオーダーメイドで製作する2つのメリット

メリットごとの詳しい内容を解説します。


1.長く利用できる


オーダーメイドのキッチンカーは、自分のビジネススタイルやニーズに合わせて完全にカスタマイズされるため、長く利用できます。


また、自分の希望に合った機器や設備を導入することで、将来的な拡張やメニューアップデートにも柔軟に対応できます。


例えば、人気メニューが増えた場合に追加の調理スペースを設けたり、需要に応じて装備をアップグレードしたりすることで、長期間にわたって収益を上げることも可能です。


2.自分の希望通りに製作できる


オーダーメイドのキッチンカーは、自分の希望通りに製作できるため、理想のキッチンカーを実現できます。


自分のブランドイメージやコンセプトに合わせたデザインやカラーリング、ロゴなどを反映させることで、独自性をもたせることができます


顧客に良い印象を与え、競合他社との差別化を図ることで信頼を築き、新たなファンの獲得にもつなげられるでしょう。


なお「キッチンカー&デリ」では、独自に製作メーカーと提携する事で一般的な価格より安価でご購入いただけます。


もちろん中古車の持ち込み、他社での購入でも問題ありません。⇛無料のお問い合わせ・見積もりはこちら!



キッチンカーをオーダーメイドで製作する2つのデメリット


キッチンカーをオーダーメイドで製作するデメリットとして、次の2つが挙げられます。


デメリットごとの詳しい内容を解説します。


1.レンタルやリースに比べて費用がかかる


オーダーメイドのキッチンカー製作は、レンタルやリースに比べて費用がかかるケースがあります。


また、スタマイズのために専門のデザイナーや技術者との打ち合わせや製作に時間と手間がかかる傾向があります。


そのため、事前に準備期間と予算をしっかりと把握し、無理のない範囲内で製作を進めることが重要です。


2.故障などのトラブルに対応が必要になる


オーダーメイドのキッチンカーはカスタマイズされた独自の設備や機器を搭載するため、故障やトラブルが発生した際の対応が必要になることがあります。


専門のメンテナンス業者との連絡や調整、部品の手配などが必要になることから、スムーズな運営を維持するための体制を整えておくことが重要です。


適切な保守管理を行うことで、キッチンカーの長寿命化につなげましょう。


キッチンカー製作で失敗しないためのポイントは5つ


キッチンカー製作で失敗しないためのポイントとして、次の5つが挙げられます。

キッチンカー製作で失敗しないためのポイントは5つ

ポイントごとの詳しい内容を解説します。


ポイント1.車検を通せるようにしておく


キッチンカーは車両としての要件を満たすことが必要です。


車検を通すには、定期的なメンテナンスや点検を徹底し、車両の安全性を確保することが重要です。


ブレーキやエンジン、タイヤなどのチェックに加え、煙突やガス設備の点検も忘れずに実施して、キッチンカーの安全性を高めましょう。


ポイント2.作業人数やメニューに沿った内装にする


キッチンカーの内装は、作業の効率や快適性に影響を与えます。


作業スペースを適切に配置し、作業人数や提供するメニューに合わせた機能的な内装を設計することが大切です。


例えば、調理器具の収納スペースを増やしたり、効率的な作業フローを考慮したりすることで、効率的な調理が可能となります。


作業のストレスを軽減し、スムーズな運営を実現することで、サービスの質が高まります。


ポイント3.看板や装飾にこだわる


キッチンカーは移動販売の看板としても重要な役割を果たします。


外観のデザインや装飾にこだわることで、ブランドイメージを強化し、周囲の注目を集めることができます。


カラフルな看板や鮮やかなロゴ、特徴的な装飾を施すことで、キッチンカーの個性をアピールしましょう。


また、看板の内容やデザインに工夫を凝らすことで、お客様に覚えてもらいやすくなります。


ポイント4.保健所の施設基準を満たす仕様にする


キッチンカーは飲食店と同様に、保健所の施設基準を満たすことが求められます。


衛生面や設備の条件をクリアするために、適切な素材や設備を使用することが重要です。


食品の保存や調理に適した環境を整え、安全性を確保しましょう。保健所の検査を受ける前に、必要な対策を講じることで、安心して営業を行うことができます。


ポイント5.信頼できる製作会社を選ぶ


キッチンカーの製作は、信頼できる製作会社選びが欠かせません。


そのため、製作会社の実績や評判を調査し、信頼性のおけるパートナーを見つけることが重要です。


十分な打ち合わせとコミュニケーションを行い、希望や要件をしっかりと伝えて、自分のビジネスに最適なキッチンカー製作を実現しましょう。


まとめ


キッチンカーの製作費用は、ベースとなる車両や外装、内装、製作方法によって大きく異なります。


自身が理想とするキッチンカーを製作するのはもちろんのこと、車検や保健所の施設検査に通るかも重要なポイントです。


そのため、まずは信頼できるキッチンカー製作会社を見つけることが重要になります。


なお「キッチンカー&デリ」では、キッチンカーのオーダー製作も可能です。


まずはベースを選んで、ラッピング・内装・追加カスタム等を追加オーダーでお客様に合わせたこだわりの1台製作いたします⇛無料のお問い合わせ・見積もりはこちら!



閲覧数:123回0件のコメント

Comentarios


bottom of page